パラミロンを摂取しよう|生活習慣病を防せげる

糖尿病が気になる人は注意

サプリメント

高血糖かどうかの指標に

糖分は人間が生きていくための活力となる栄養素であり、とても大事な栄養素です。しかし、血液中に多くの糖分があると糖尿病を代表するように様々な病気のリスクが高まってしまいます。高血糖であるかどうかの指標になるのがヘモグロビンa1cと呼ばれるものです。血液中にある余分な糖分とヘモグロビンが結合したものがヘモグロビンa1cであり、これが血液中に多くあるということはそれだけ長期間高血糖の状態が続いているということでもあるのです。ヘモグロビンa1cの数値が高いという人は、糖尿病である可能性があるので注意が必要です。その他にも、腎不全などの病気によってもヘモグロビンa1cの数値が高くなりますので気になった場合には病院できちんと検査を受ける必要があります。

緑黄色野菜中心の生活に

高血糖であるかどうかの証拠となるヘモグロビンa1cを下げるには、カロリーの少ない食事を心がける必要があります。中でも特に効果的なのは緑黄色野菜を多く食事に取り入れるということです。食事の量を減らすというのはいきなり行うのは難しいことですが、普段の食事に緑黄色野菜を多く取り入れることで摂取カロリーを大きく減らすことが出来ます。また、緑黄色野菜には多くのビタミンが含まれています。中でもビタミンC、A、Eといった抗酸化ビタミンは血糖値を下げやすくする効果があります。緑黄色野菜に含まれる豊富な食物繊維も、糖分の吸収率を抑えて血糖値が急激に上昇するのを防いでくれる働きがあります。ヘモグロビンa1cを下げたいと思っている人は、まずは積極的に緑黄色野菜を食べることから始めるのが効果的なのです。